手 順 投稿手順について
はじめに

※ 投稿規程をよくお読み下さい!

※ 学位論文を投稿する方は日程に御注意下さい!

投稿時に提出するもの(各書類はダウンロードできます) 

1.原稿の印刷物 3部(写真部分はコピー不可)とその電子データ(USB)
  図、表、写真は、3部全てに添付して下さい。

2.原稿整理票PDF) 学外用(PDF
  原稿のデータを記入する用紙です。

3.紹介状PDF) 学外の方は、不要です。
  紹介者欄には、所属長の氏名・捺印をお願いします。

4.56領域選択表PDF
  どの分野での査読を希望するか選択します。
  なるべく複数の領域を選択して下さい。

5.投稿時チェック項目表PDF) 学外用(PDF)
  投稿規程に基づくチェック表です。
  著者チェック欄を全て満たさなければ、投稿は出来ません。

6.誓約書PDF
 誓約内容を確認して、ご提出下さい。

7.著作権委譲書PDF
  投稿論文の著作権は、医学会に委嘱して頂くこととなります。

8.英文校閲の証明書(様式は任意です)
  英文論文、英文抄録について必須です。
  なお、英文校閲を受ける際は、文章の体裁のみでなく、内容が正確に伝わる表現となるよう
  注意して下さい。

 ≪参考≫
英文校閲会社 URL /E-mail
 英文校正・校閲 エナゴ(engo)  http://www.enago.jp/
 エディテージ(EDITAGE) ※  https://www.editage.jp/st-marianna.html
 エヌ・エイ・アイ(NAI)  https://www.nai.co.jp/
 ジャパン・メディカル・コミュニケーション  https://www.japan-mc.co.jp/
 ネイチャー・リサーチ ※  https://authorservices.springernature.com/go/marianna/
 フォルテ(FORTE)  https://www.forte-science.co.jp/
 ThinkSCIENCE  http://www.thinkscience.co.jp/
 Cynthia Yenches  cyenches@gmail.com

※ エディテージ(EDITAGE)は本学専用のURL(本学教職員は特別割引適用)となります。
※ ネイチャー・リサーチ は本学専用のURL(本学教職員は特別割引適用)となります。

9.ICMJE利益相反報告書PDF
  PDFはサイト(http://www.icmje.org/conflicts-of-interest/)からもダウンロード出来ます。なお、ブラウザはFirefox、またはIEにより、フォームは”old form”の方をご利用下さい。
  なお、ブラウザはFirefox、またはIEにより、フォームは”old form”の方をご利用下さい。英文投稿の場合は英語で、和文投稿は日本語で入力し、全著者分を提出して下さい。
  英文投稿の場合は英語で、和文投稿は日本語で入力し、全著者分を提出して下さい。また、「同書の入力例」は各講座に紙面で配布しております。ご要望される場合はお問合せ下さい。

10.論文類似性チェックツール iThenticate による検証結果
 学内からの投稿の場合、iThenticateを利用する際のアカウントは、本学医学部及び大学院の講座代表責任者等に付与しておりますので、
 所属する講座のアカウントを利用して、iThenticate による検証結果のレポートを提出して下さい。
 なお、学外からの投稿で、iThenticateのアカウントをお持ちでない場合は、開発元のTurnitin社のウェブサイトを確認して下さい。
 
 【iThenticateの利用の際の留意点
 投稿論文をiThenticateで検証した結果、類似性が疑われる文章が検出された場合は、当該文章を修正して下さい。
 その後、再度iThenticateで検証して、類似性が疑われなくなったことを確認して下さい。
 
 本会雑誌に提出するThenticate による検証結果のレポートは、上記修正後の論文に対する検証結果となります。
 なお、iThenticateは一論文に対し5回まで検証することが出来ますので、投稿時・改訂時など、時期を考えて有効に利用して下さい。

※書類はPDF形式ですので、閲覧にはAdobe Acrobat Readerというソフトが必要となります。お持ちでない方は、こちらからダウンロードして下さい。

Adobe社のホームページ


投稿〜査読〜雑誌発行の流れ

稿
1. 投稿(上記書類を提出する。投稿の際は最新の投稿規程を確認のこと。
     ↓


2. 雑誌編集委員会にて、各論文原則2名の査読者を決定する。
(査読者選定は、上記「56領域選択表」を元に実施する。)
     ↓

3. 事務局が、原稿を査読者に依頼する。
4. 両査読者から、事務局に原稿が戻り次第、査読者の意見とともに
原稿を著者に返却する。
5. 著者は原稿を修正し、
新原稿(計2部・・・各査読者に1部ずつ)と古い原稿を事務局に提出する。
(この時、査読者の修正コメントに対する回答を必ず作成する!)
6. 再度、原稿を各査読者に依頼する。
(3〜6の手順を数回繰り返し、両査読者より「掲載可」の判定が出たら査読終了)
     ↓


7. 査読終了後、編集委員会が、掲載の「判定」「採否決定」を行う。
8. 事務局が、査読終了後の原稿を英文チェックに廻し、終了後、著者に返却する。
 ↓



9. 著者が、最終原稿1部(上記7の英文チェックを修正したもの)と、最終原稿の電子データ(USB)と、図表(そのまま印刷できる鮮明なもの)を
図表(そのまま印刷できる鮮明なもの)を事務局に提出する。
10. 事務局が上記9を印刷業者に依頼し、校正原稿を作成。
   ↓

11. 印刷業者から、著者に校正を依頼する。
12. 著者が校正原稿をチェックし、事務局に提出する。
13. 校正は2回までとする。
     ↓
掲載
14. 雑誌掲載となる。